コンクリート補修・補強・工事

    痕跡計

    コンクリート改質材 リアル・メンテ


    コンクリートの長寿命化を目的とする「表面保護工法用改質・劣化防止剤」です。
    表面保護工法剤には有機系、無機系がありますが本剤はコンクリートに浸透させ、コンクリートの成分に反応させる「表面含浸工用無機系剤」です

    詳細はこちら

    コンクリート補強工法 マグネライン


    マグネライン補強工法(PP工法)は建築限界や河積阻害など施工が制約される場所で真価が発揮される補強工法です。
    補強鋼材を配置後、PAE系ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を用いることにより、わずか17㎜のかぶりで増厚が可能です。

    詳細はこちら

    コンクリート補強材 CABOCON(カボコン)


    カボコン工法とは、「炭素繊維」を用いた補強・補修の技術です。
    炭素繊維を樹脂で板状に(W50×t1.2㎜)に成形したもので、コンクリート表面に接着することで鉄筋の代わりをなす曲げ補強材です。
    炭素繊維は鉄の約10倍相当の引張り強さを備え、また質量は鉄の約1/40(同強度比)と非常に軽いのが特徴で、施工性が良いため、従来の作業にかかっていたコストを大幅に削減することが可能です。

    詳細はこちら

    漏水対策 MCRスティック


    M.C.Rスティックは無機質結晶形成促進材です。滲む程度の漏水ひび割れや豆板からの漏水に適用します。
    コンクリートの躯体内部で触媒が結晶反応を促進し、コンクリート躯体を強化安定させます。止水セメントを併用することで、速効性を上げることができます。

    詳細はこちら

    エポガードシステム


    あらゆる鋼構造物の内部から錆を無力化する
    最新の錆転換型防食塗装システムです。
    3種ケレン程度で対応可能(ブラスト処理不要)
    鉄素地に付着している赤錆を黒錆に転換し保護します。

    詳細はこちら

    ウォータージェット工法・ブラスト工法


    ウォータージェット工法:超高圧水によるはつり・ケレン工法
    重曹ブラスト工法:ブラスト材に重曹を用いたケレント工法

    詳細はこちら